新しいものが好きなの?嫌いなの? 疑問編

モンモンです!

いや〜
それにしても便利な世の中になったものですね。

・・・というのも最近は便秘に悩まされていたので、インターネットで解決方法を調べてみたんです。
すると、たくさんの情報がすぐに分かるわけですよ。
ネットって便利だと思いながら調べてみると桃花スリムという便秘茶なるものにたどり着きました。

桃花スリムはレビューを見ても効き目がすごいなど評価が高かったのですぐに注文することにしました!
インターネットで桃花スリムの口コミを見て商品が本当に大丈夫かどうかを確認してから注文したんです。

そして、桃花スリムなる便秘茶が届くと飲んですぐに効果を実感できて本当に便秘からサヨナラできたというお話なんです!
・・・冷静に考えたらスゴくないですか?

便秘で悩みはじめてからインターネットで調べて注文をして商品が届き、効果を実感して便秘解消!
ここまで至るのに要した期間は5日くらいですよ。
いや〜実に素晴らしい!

一昔前なら調べるのも大変だし、注文するのにも電話をしないといけなかったはずです。
届くまでの時間も今よりは長かったはずですよね。
そして事前に評価を調べることも今よりは情報量が少なかったはず・・・

このように世の中がインターネットのおかげで便利になった部分は多いはずですよね。

そこで・・・今回の疑問なんですが実はインターネットのことではないんですよ!

これなんです!

インターネットのような新しいものはすぐに普及するじゃないですか?

でも、例えばカップラーメンって新しいものが次々出てくるのにすぐに消えていきますよね。

なぜなんでしょうか?

古いものがいつまでも残っていたりします。

ポテトチップスやガムとかチョコレートなどのお菓子なんかにも同じことが言えますよね。

今回の疑問は「世の中に普及するものと普及しないものって差はどこにあるのか?」

いや、タイトル通りにしましょう。

「人は新しいものが好きなの?嫌いなの?」です!

もしかして気になるのって自分だけですか?(笑)

解決編に続く・・・